研究

臨床研究

臨床研究・後ろ向き観察研究へのご協力のお願い

山梨大学医学部附属病院 麻酔科学教室(当科)では、一人一人の患者さんに最善の医療を提供することに努めるとともに、こうして得られた診療情報を振り返り、検討を加えて、今後の診療をさらに向上させる努力を行っています。

このために、当科で関わった患者さんの過去のデータをまとめ、解析した結果を学術論文や学会に公表する場合がありますので、この件についてご説明させていただきます。

(1) 過去の診療情報を振り返り、解析する「後ろ向き研究」と呼ばれる学術活動で、山梨大学医学部倫理委員会の承認

を得て行われます。

(2) 学術論文や学会で公表する場合でも、氏名や患者番号など、個人が特定できる情報は削除され、患者さんの個人情報

(プライバシー)は厳重に守られます。

(3) 診療情報とは、次のようなものを指します。

カルテ:診療録、麻酔記録、看護記録、血液などの検体検査、画像検査、生理学的検査、病理組織検査などです。

いずれも、診療上の必要があって行われたものに限定されます。

(4) 診療情報の解析方法

(ア)麻酔管理方法の評価のために、同様の術式で手術を行った患者の周術期の記録、経過および検査結果などをまと

め他の麻酔科管理方法の患者群と比較する方法

(イ)現状で行っている麻酔管理方法、疼痛管理方法、治療方法など、当該診療を行った患者の経過や検査結果などの

詳細を確認し、特徴を明らかにすること

(ウ)医学的意義の高いと考えられる、麻酔管理方法や症例を経験した場合の診療の経過、検査結果などの詳細を確認

し、特徴を明らかにすること

(5) 調査の対象となるのは、当科の診療(周術期管理、ペインクリニック、緩和ケアチーム)で関わった患者さんです。

(6) 上記のように、個人情報は守られ、医学の進歩に欠くことのできない学術活動ですが、患者さんには、ご自身の

診療情報が使用されることを拒否する権利があります。研究協力を拒否された場合でも、当科の診療上で不利益を

被ることはありません。

(7) ご質問がある場合、あるいは診療情報の使用を拒否される場合には、下記にご連絡をお願いいたします。

連絡先

山梨大学大学院 医学部工学総合研究部 麻酔科学教室

〒409-3803 山梨県中央市下河東1110

TEL:055-273-9690/ FAX:055-273-6755

 

2012年1月1日~2013年12月31日までの間で、肝細胞がん ラジオ波焼灼術(RFA)を受けた患者さんへ

山梨大学医学部附属病院では、2012年1月1日~2013年12月31日までに肝細胞癌ラジオ波焼灼術(RFA)を受けられた患者さんを対象に、点滴での痛みどめ(患者自己調節鎮痛法:PCA)を使いながら、治療が安全かつ苦痛が少なく行えたかどうかを調査する為、以下の事柄を調査する予定です。

① ラジオ波焼灼術時に、どれくらいの痛み止めの量を必要としたかどうか(痛みどめの機械の中の記録を調べます)

② どれくらいの時間、痛み止めの機械を使っていたか

③ 治療前後での血圧・混合血酸素飽和度(血液中の酸素の値)

④ 治療もしくは痛みどめによる合併症があったかどうか

この調査を行うことで、今後、同様の治療において、より有効的に、さらに安全に痛み止めを使うことができるようにしていければと思います。また他の方法と組み合わせることで治療などによる副作用・合併症を更に減らすことができるようになればと考えております。

この調査の結果は、医学雑誌や学会で発表することになります。しかしながら、調査の過程・発表の段階において、対象となった患者さんの個人情報が表に出ることは決してございません。調査の段階より、匿名となった情報を用いて調べるためです。

しかしながら、調査の期間内にラジオ波焼灼術治療を当院にて受けた患者さんの中で、この調査対象から外してほしいご希望がある場合には、お手数ではありますが、下記の連絡先までご連絡ください。

連絡先

山梨大学医学部付属病院

麻酔科 熊倉 康友

電話:055-273-9690

何卒ご協力の程、宜しくお願い致します。

研究責任者:山梨大学医学部附属病院 医療チームセンター 熊倉康友

2010年1月~2013年12月に当院で婦人科手術を受けた患者さんへ

「婦人科悪性腫瘍手術における硬膜外麻酔の至適穿刺部位の検討」後ろ向き研究へのご協力のお願い

〇本研究の背景・目的について

当院では広汎子宮全摘術、準広汎子宮全摘手術の標準的麻酔方法は硬膜外麻酔併用全身麻酔で行っており、術後は硬膜外PCA(Patient Controlled Analgesia:患者自己調節鎮痛法)で鎮痛を図っています。一般的に硬膜外麻酔の推奨穿刺部位は下位胸椎から上位腰椎の椎間とされていますが、術後鎮痛に関してはそれらの部位が適当であるかについての定説はありません。今回全身麻酔に硬膜外麻酔を併用する麻酔管理症例において、穿刺部位を第11胸椎以上と第12胸椎以下に分類し、穿刺部位の違いが、術後の疼痛管理状況や硬膜外PCAの使用状況、副作用の発現などにおいて差があるのかどうかを、硬膜外PCA薬液の24時間ごとのボーラス回数、使用量、疼痛スケールなどを用いて後ろ向きに検討することに致しました。

この研究により硬膜外麻酔の術後鎮痛への関わりが分かり、今後の麻酔方法へ役立てることができます。個々人の患者さんに改めて不利益を蒙ることはないと考えております。

研究結果は学会・論文等により公開致します。公開内容には個人のプライバシーに関わる事は一切含みません。しかしながら調査の期間内に当該手術を受けた患者さんの中で、この調査対象から外してほしいご希望がある場合には、お手数ではありますが、下記の連絡先までご連絡ください。

連絡先

山梨大学医学部付属病院

麻酔科 望月 徳光(主任研究者)

松川 隆(実施責任者)

電話:055-273-9690

何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

研究責任者:山梨大学医学部付属病院 麻酔科 望月徳光

2009年9月~2014年9月までの間で、当院で人工膝関節置換術を受けた患者さんへ

「人工膝関節置換術における大腿神経ブロック併用群と大腿神経ブロック・坐骨神経ブロック併用群とブロック非併用群の比較」後ろ向き研究へのご協力のお願い

〇本研究の背景・目的について

近年、末梢神経ブロックを全身麻酔に併用することの有用性の報告があり、当院でも2011年6月頃から人工膝関節置換術(以下TKA:total knee arthroplasty)症例に大腿神経ブロック、2013年7月頃から大腿神経ブロック・坐骨神経ブロックを施行している症例が増えております。また、以前からTKA施行の麻酔の際には、術後鎮痛目的に静脈内自己調節鎮痛法(以下静脈内PCA: patient controlled analgesia)を通常使用しており、末梢神経ブロックの併用時と非併用時では、投与量の調整などを適宜してきている現状があります。今回、全身麻酔に末梢神経ブロック、術後静脈内PCAを併用する麻酔管理は、全身麻酔に術後静脈内PCAのみを併用する麻酔管理と比較し、術後の疼痛管理の質がよいと仮説をたて、2009年9月から2014年9月までにTKA施行症例を大腿神経ブロック併用群と大腿神経ブロック・坐骨神経ブロック併用群とブロック非併用群に分けて静脈内PCAの使用状況、使用量術後・疼痛スケールなどを診療録や麻酔記録などをもとに、後ろ向きに検討することと致しました。

この研究により末梢神経ブロックの術後鎮痛への関わりが分かり、今後の麻酔方法、麻酔管理の方針などへ役立てることができると考えております。今までの診療録などから情報を収集する形で行い、アンケート収集など個々人の患者さんにご負担をおかけすることはありません。

〇この研究結果の公表について

研究結果は学会・論文等により公開致します。公開内容には個人のプライバシーに関わる事は一切含みません。しかし、調査の期間内に当院で人工膝関節置換術を受けた患者さんの中で、調査対象から外してほしいというご希望や何かご不明な点などがある場合には、お手数ではありますが、下記連絡先までご連絡ください。

連絡先

山梨大学医学部付属病院

麻酔科 大宮 啓輔(主任研究者)

松川 隆(実施責任者)

電話:055-273-9690

何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

研究責任者:山梨大学医学部付属病院 麻酔科 大宮啓輔